新築賃貸物件における注意点

新築賃貸物件における注意点

賃貸の新築マンションの壁に残ってしまったもの

私の友人は、旦那さんと一緒に、5年ほど前、新築の賃貸のマンションに引っ越しました。本当は、マンションか一軒家を購入したかったようなのですが、旦那さんが転勤の多い仕事に就いている為、賃貸のマンションに引っ越したのだそうです。新築とだけあって、壁紙も真っ白で、全てが新しく、彼女達はとても心地よく、新生活をそのマンションでスタートさせることができました。私も何度かそのマンションに、遊びにいったことがあったのですが、窓が大きく開放感があり、とても素敵なお部屋でした。ただ、旦那さんが喫煙者で、ほとんどの場合は、ベランダでタバコを吸っていたのですが、寒い日等は、キッチンの換気扇の下でタバコを吸っていたので、キッチンの壁紙が少し黄色っぽいような感じがして、他人事ながら、賃貸だけど、退出する時に大丈夫かな、と私は思っていました。

そして、彼女達がそのマンションに住み始めてから、4年後に、旦那さんの転勤が決まりました。そして、彼女達がそのマンションから引っ越す前に、不動産屋さんが部屋の中をチェックしにきたのです。彼女達は、とても綺麗好きなので、床にはほとんど傷らしいものはなかったのだそうです。しかし、やはり不動産屋さんはキッチンに入るなり、ほのかに香るタバコの匂いと、壁紙が少し黄色っぽいことに気づいてしまったのです。そんなわけで、彼女達は、キッチンのクリーニング代を払わなければならなかったのだそうです。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017新築賃貸物件における注意点.All rights reserved.