新築賃貸物件における注意点

新築賃貸物件における注意点

新築の賃貸物件ならではの注意点

たくさんの数の賃貸物件が存在する中、必ず新築物件が現れます。どうせ住み始めるなら新しいほうがいいでしょうから、新築物件を好まれる方もいらっしゃるかもしれません。今回はその新築物件について、あらかじめ気をつけたほうがいいことを述べていきます。まずは物件の確認。あまりに早く部屋をおさえようとした場合、物件そのものを見ることができません。見取り図の確認だけで契約となりえますので、できる限り不動産屋さんなどと確認が必要となります。

次に設備。ガスや水道などインフラ系の設備は問題ないかと思います。先の物件確認にもつながることではあるのですが、照明器具やカーテンなどは確認したほうがいいでしょう。特に照明器具の場合、トイレは大丈夫でも肝心のお部屋にないという場合もあり注意が必要です。どの物件にもいえることではありますが、新築物件は目視での確認ができない分注意が必要です。

最後に入居時の確認。新築物件ですから、当然すべてが新品。しかし、施工時やクリーニング時など、細かい傷がついてしまう可能性は入居前でも十分にあります。床の仕上がり具合、窓の傷や網戸の状況など、細かいところに目を配り入居日は念入りにチェックを行ったほうがいいでしょう。退去時に戻ってくる敷金が減ってしまう可能性もありますので。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017新築賃貸物件における注意点.All rights reserved.