新築賃貸物件における注意点

新築賃貸物件における注意点

新築賃貸の注意点・1年点検

新築の賃貸に住むうえで、注意した方がいい点について見てみましょう。古いアパートであれば、まったくそんなことはないというのに、新築ならではの注意点というものがあります。それが、竣工後の1年点検や2年点検というものです。新築の物件では、建物を建ててから、問題がないかどうかを点検する機会というのが必ずもうけられています。それが1年点検、2年点検です。確かに、お部屋を使っていて、不都合な点があったら、自分で傷つけたということでない限り、直してもらえるチャンスなのです。

しかし、そのために、建設会社や大家さん、管理会社など、様々な人がひっきりなしに、自分の家に出入りしていくというのは、あまりいい気持ちがしないでしょう。そして、もし不都合な点が見つかれば、その場で、修理ということになってしまい、一時的に退去を命じられるなんてことにもなりかねません。このような面倒なことが、新築の物件にはあるということを、ほとんどの人は知りません。ですから、入居する際、大家さんに、この1年点検はいつごろやるのかといったことを確認して、聞いておく必要があると思います。わずらわしいと思うならば、新築は避けるべきかもしれません。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017新築賃貸物件における注意点.All rights reserved.