新築賃貸物件における注意点

新築賃貸物件における注意点

新築の賃貸物件を選ぶ際の注意点

私は新築物件に住んだことはないのですが、新築の賃貸物件に住んでいた友人は、いろんな面にかなり気を遣って生活していたという記憶があります。というのは、新築ですから、壁紙、フローリングなどが当然すべて新しいので、退去するときのルームチェックで破損箇所や修繕が必要な箇所などがあれば、すべて入居者側の責任となり、入居者の負担になると契約時に言われていたからです。新築でない物件だと、もともとあったキズなどもたくさんありますから、入居前に写真だけは撮っておきますが(自分がつけたものではないという証明のため)、そういったことに気を使わず気軽に暮らせるという利点があります。そういった理由で、わたしは新築物件は避けるようにしています。

それから、物件によっては、新築物件なのになぜかかぎ交換費用がかかるという、理不尽な物件もあると聞きます。理由は、次の入居者の鍵交換を前の入居者が負担するシステムになっているとか言いますが、そういいながら、次の入居者には「新しく入居する人が鍵交換代を負担するシステム」などといって二重にとっているのではないかとかんぐってしまいます。いずれにしても、新築物件では、契約書を念入りに読んでおく必要があるかと思います。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017新築賃貸物件における注意点.All rights reserved.