新築賃貸物件における注意点

新築賃貸物件における注意点

新築賃貸の注意点・においを確認する

新築の賃貸マンションで、注意しておくべき点というのがあります。それが、シックハウス症候群にならないような、できるだけ化学物質の使用を抑えた建材や接着剤を使っているかどうかということです。シックハウス症候群は、こうした建材に含まれる化学物質がもとで、アレルギーが起こってしまうものです。入居してみたら、何となく、しょっちゅう具合が悪いということで、気がつく人が多いです。このようなトラブルを防ぐためには、実際に住もうと思っているお部屋に、何度か足を運んでみるということが大事です。

そして、見学に行った際に、お部屋の中に、異質なにおいがしていないか、よくにおいを確認しましょう。また、大家さんにも、アレルギーが心配だからと話しておいて、化学物質などの建材が建築基準法通りに取り扱われているかどうか、化学物質の発散を考えたものになっているかどうかを確認するといいでしょう。いずれにせよ、事前に確認することで、だいじょうぶかどうかを確かめられます。もし、新築に入って、シックハウス症候群になってしまった場合は、換気をよくして、お部屋の中の空気を頻繁に取り換えるようにすることで、多少症状が和らぐようになります。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017新築賃貸物件における注意点.All rights reserved.