新築賃貸物件における注意点

新築賃貸物件における注意点

新築の賃貸物件に入居する際に注意すること

賃貸であっても分譲であっても、新築物件というのはきれいでピカピカしていて気分が良いものです。どうせなら新築が良いという人も多いでしょうが、賃貸物件に入居する際、新築ならではの注意点がいくつかありますので、注意するようにしましょう。まずは建てられてしばらくの間は、換気をよくするようにしましょう。壁紙などの内装に使用している化学物質でシックハウス症候群を起こすことがあります。また新築物件、特にマンションはは湿気がこもりやすいこともありますので、こまめに換気をするように心がけたいです。

湿気でカビが発生したときもそうですが、退去時に壁紙がはがれていた、フローリングに傷がついていた、襖が破れていた、などがあると、補修代を請求されることがあります。すべてが新品だったので、傷ができたり故障した箇所があったときは、すべては最初に入居した人の責任となります。引越し時の傷などにも細心の注意を払うようにして、入居してからも後に入居する人のことも考えながら生活するようにしましょう。部屋を探す際にも、新築だからというだけで決めることはしないで、まずはいろいろと見学してから決定するようにすれば良いと思います。新築だからと言っても、入居してから設備が次々と故障してしまうこともありえますので、入居前にしっかりとチェックしておくようにしたいものです。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017新築賃貸物件における注意点.All rights reserved.