新築賃貸物件における注意点

新築賃貸物件における注意点

新築の賃貸物件。注意点ではアレルギー

新築の賃貸物件では注意しなければならない事が沢山あると思います。どのような事に気を付けなければならないのかというと、シックハウス症候群に注意しなければならないのです。シックハウス症候群なのですけれども、例えばかつてはホルムアルデヒトが揮発する事によって、めまいや、皮膚炎等が起きてしまったのです。ホルムアルデヒドが入っていたような物は、壁紙や、床材の、接着剤に含まれていたのです。しかし、現在ではホルムアルデヒドについては気にしなくても良いかもしれません。どういう事かというと、平成十五年に、建築基準法が改正されたのです。その時にシックハウス症候群の原因物質の私用が禁止される事になりました。だから、安心かというとそういう訳でも無いと思うのです。やはり、溶剤から揮発する物質などもまだまだあると思います。他にも、他の原因で作られたストレスなども体の調子が悪くなる事もあります。

もし、こういった物に対して注意しなければならないと思ったのならば、やはり、入居後はきちんと換気をしなければならないと思います。そうする事によって、シックハウス症候群のようなアレルギーを防ぐ事が出来るのではないでしょうか。換気で対策をしておきましょう。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017新築賃貸物件における注意点.All rights reserved.