新築賃貸物件における注意点

新築賃貸物件における注意点

新築賃貸物件の、湿気対策について

新築の賃貸物件で気を付けたい物としては、湿気の問題があると思います。建物の土台を支えているのは、コンクリートや木材だと思います。このようなコンクリートや、木材なのですけれども、沢山の水分が含まれているので気を付けなければならないでしょう。このコンクリートや、木材の水分蒸発が落ち着くには、完成してから最低でも二年ぐらいの期間は必要になって来るのではないでしょうか。そして、時間が経過すると、それだけコンクリートの水分が徐々に抜けていく事になります。新築物件は既存物件と比較しても、室内に蒸発した湿気が溜まりやすい物になっているのです。そして湿気の事なのですけれども、たとえば、西側や、北側に向いている部屋がありますよね。こういった部屋はなかなか日は当たらないと思います。そうなると、湿気が溜まりやすくなってしまうのではないでしょうか。そうなるとこまめな換気が必要になって来るのです。

他にもクローゼット、そしてシューズボックスなど、備え付けの家具からも水分が蒸発します。そうなると、扉の立て付けが悪くなったりします。合わせ目がずれてしまう事もありますので、そこをきちんと注意しておかなければならないと思います。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017新築賃貸物件における注意点.All rights reserved.