新築賃貸物件における注意点

新築賃貸物件における注意点

新築の賃貸物件、アレルギーの問題があるので換気は重要

新築賃貸物件で注意したい物があります。それは、ホルムアルデヒドという物に注意が必要という事なのです。このホルムアルデヒドなのですけれども、アレルギー反応であるシックハウス症候群を起こしてしまうのです。壁紙や、床材の中に、このホルムアルデヒドは含まれているのです。それが、揮発してしまい、めまいや、皮膚炎を起こしてしまうのです。新築物件の場合ですと、この症状が起きやすい所がありました。しかし現在ではそんなに心配は無いかもしれません。何故かと言うと、平成十五年の7月に、建築基準法が改正されたからです。それによりシックハウス症候群の原因物質の使用が禁止されたのです。だから最近の新築物件ですと、新築物件に良く有る特有の香り、匂いは現在はしないようになったのです。溶剤から揮発する物質と、一人暮らしのストレスや食生活の変化など、様々な要因が合わさって、不調を訴える人もおられるようです。

そういった訳で、皆さんも新築賃貸物件を選ぶ時には、アレルギーの問題は無いかどうか、その部分をきちんとチェックしておかなければならないのではないでしょうか。これはとても大きな、ポイントになって来るのは間違い無いと思います。心配な人は換気をきちんとしましょう。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017新築賃貸物件における注意点.All rights reserved.