新築賃貸物件における注意点

新築賃貸物件における注意点

新築物件の賃貸マンションで気をつけることとは

賃貸マンションを借りるとき、できれば新築に住みたいと思いませんか。しかし、家賃が高いのでは?と思ったりして、多くの人が、新築を借りるのを躊躇しているのではないでしょうか。引越しをして新しい生活を始めるのですから、せっかくならキレイで素敵なマンションに住んで、思いきり生活を楽しんでみたいものです。意外と新築でも、築数年たった物件とそんなに変わらないものもあるみたいですよ。

そこで、新築物件に住む場合の注意点ですが、1つ目は引越し日です。皆が同じタイミングで、引越しをすることになるので、エレベーターを使う場合など順番待ちがあります。そこで時間がかかってしまう場合もありますし、トラックの一時駐車場所も見つからないかもしれません。引越しのルールを事前にしっかりと確認をして、引越し日を決めることが大切です。次に、皆が新規入居なので、共有部分などで、ルールがまだはっきりしていない場合が多い為、トラブルになりやすく、住宅街に建設された場合は、地元住民とのトラブルが起きることもあります。

その他建物に関しては、新しいためコンクリートに水分が多く含まれているので、部屋が湿気やすく、しばらくは窓をこまめに開けて風を通さなければなりません。建築資材によるシックハウス症候群も気にしなければいけませんが、最近の建築資材は良くなってきている為、そんなに気にしなくても大丈夫になってきているようです。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017新築賃貸物件における注意点.All rights reserved.