新築賃貸物件における注意点

新築賃貸物件における注意点

地代と言う土地を賃貸とした物件であるかを確認する。

新築物件を購入する際には、販売会社も物件に対し良い事しか述べないが購入時において、悪い点や法律に伴って建築されているかなどを確認することが必要です。そして、戸建であっても建物は、販売するが地代といって土地は販売しないで毎月の賃貸料金を支払わなければいけないと言った場合も有ります。

賃貸として、地代を支払う新築物件などは、通常の戸建物件よりかなり格安で販売されています。しかし、その戸建には土地代が無く土地は、自分の物にならないで毎月の支払いを行わなければいけません。そうした中で、住宅ローンと地代を合わせた金額が毎月自分に圧し掛かって来る事になるので、地代に関してはどの様な扱いであるかを確認する必要があります。住宅に関しても、分譲住宅を見ると境界線から建物までの幅を空けなければいけないのですが、ほとんどの場合その空間が極わずかしか空いていない建物が目に付きます。もし、数十年後に家のペンキ塗りをしたり、建て替えをする際にその間隔がないと家の手入れなどが出来ない可能性もあるので、新築物件を購入する際には、境界線からの間隔とメンテナンスに関するコストなども考慮してその物件を判断する必要が有ります。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017新築賃貸物件における注意点.All rights reserved.